お客様の幸せに貢献するために

フィデューシャリーデューティーとは、直訳は「受託者の忠実義務」で、信認を受けた者が履行すべき義務のことをいいます。これは、英米において幅広い概念として用いられる、他者の信認を得て一定範囲の任務を遂行すべき者を指す「fiduciary(フィデューシャリー):受託者」が負う様々な「duty:責任」のことを意味します。

日本では、2014年9月に公表された金融庁の「平成26事務年度金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針):資産運用の高度化」の中で、「商品開発、販売、運用、資産管理それぞれに携わる金融機関がその役割・責任(フィデューシャリー・デューティー)を実際に果たすことが求められる」と記されたことにより、金融業界で広く知られるようになりました。一般的に、「お客様本位の取り組み」や「お客様本位の業務運営」などと訳されております。

BIG TREE株式会社(以下、当社)は、『ファイナンシャルアドバイスを通じてお客様の幸せに貢献する』との経営理念に基づき、お客様の資産形成・運用にかかる業務について、真にお客様のために行動いたします。そのために、社会環境や経済環境の変化を的確に読む知見を磨き、「総合金融サービス」の提供を通じて、お客様の資産を守り育てることでお客様の幸せに貢献します。

当社はお客様本位の業務運営を誠実に遂行するにあたり、以下の方針を宣言します。

  1. お客様からの信頼を得るために最善を尽くします。
  2. お客様にご安心いただけるよう法令やルールの順守はもとより良識に基づき高い倫理観をもって行動します。
  3. お客様にとってわかりやすい情報提供に努めます。
  4. お客様のニーズに適した商品やサービスの提案を行います。
  5. お客様に質の高い提案ができるよう、私たちは自己研鑽に努め最新の知識を学び続けます。
  6. お客様からの信頼、サービスの質等、私たちは現状に満足することなく革新し続け成長してまいります。